入院医療費算定方式変更のお知らせ

入院療養費算定方式変更のお知らせ
平成28年4月より入院医療費の算定方式がDPC(診断群分類別包括評価方式)に変わります。
DPCとは、病名や診療内容に応じて厚生労働省で定められた診断群に分類し、分類ごとに1日当たりの入院費用を定めた医療費の計算(支払い)方式です。
DPCでは、従来の診療行為ごとに計算する「出来高払い方式」とは異なり、入院患者さまの病気・症状ごとに治療する一部を国で定めた1日あたりの定額点数からなる包括評価範囲(投薬料・注射料・入院料等)と出来高評価範囲(手術料・内視鏡検査・リハビリ等)を組み合わせて医療費の計算をおこないます。

nyuinryouyouhi01

●医療費の支払いについては従来通り変わりはありません。
ただし、入院後病状経過や治療の内容により、診断群分類が変更されることがあります。
その場合、医療費が変更になる為、退院時などに前月までの支払額を調整させていただくことがあります。
●全ての患者さまがこの計算方式の対象になるとは限りません。
(自費分娩・労災保険・自賠責保険適用の場合や長期入院の場合は出来高払い制度となります)
●高額療養費の取り扱いや外来の医療費計算は従来通り変わりはありません。
●入院後、他医療機関に受診される場合は原則保険適用になりません。

カテゴリー: ニュースリリース パーマリンク

コメントは停止中です。