当院小児外科手術が読売新聞に取り上げられました。

日帰り手術に力を入れている当院小児外科では、
小さいお子様が手術で受けるストレスを軽くする取り組みを実践しています。
具体的には、手術室でアニメ映像を流す、画用紙で作ったキャラクターを飾る、
麻酔吸引時に果物などの香りをつけるなどです。

このたび、5月30日付読売新聞夕刊「キーボード」欄で
その取り組みが紹介されました。
これは、手術室の責任医師である麻酔科部長福光一夫が取材を受けたものです。

小児外科日帰り手術の紹介ページはこちら↓
日帰り


カテゴリー: ニュースリリース パーマリンク

コメントは停止中です。