金曜に大阪大学医学部眼科から応援医師により外来診療しています。
手術などの外科治療の必要があれば、適切な時期に、適切な病院を紹介いたします。

 

主な対象疾患
緑内障
視神経と呼ばれる眼から脳へ情報を伝達する神経に障害が起き、進行すると視野障害等を自覚するようになります。近年実施された大規模調査で、40歳以上の日本人の20人に1人いることがわかっています。ただ、初期には自覚症状が乏しく、気付かずに過ごしている人が大勢おられます。初期段階で発見すれば、点眼等の治療により、進行を阻止できる可能性が高い病気です。40歳以上の方で人間ドッグや眼科にかかったことのない方は、受診をおすすめします。
白内障
眼をカメラに例えるとレンズの役割をしている水晶体が、加齢などにより混濁してくる病気です。白内障のごく初期は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、治癒させることはできません。生活に不自由を自覚される方は手術が必要なこともあります。
糖尿病網膜症
糖尿病は全身の血管に障害を及ぼす疾患です。なかでも眼の網膜(カメラに例えるとフィルム)は最初に障害が判明する部位です。糖尿病網膜症は、糖尿病になって数年~10年以上経過して発症するといわれています。しかし、かなり進行するまで自覚症状がない場合もあり、まだ見えるから大丈夫という自己判断は危険です。糖尿病の人は目の症状がなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けるようにしましょう。

医師紹介

大阪大学医学部より応援医師が診察いたします。