5階小児病棟は一般小児内科および小児外科・小児整形外科の病棟で、病床数は25床です。
一般小児内科では、気管支喘息・肺炎・腸炎・川崎病などの急性期疾患患児と脳性麻痺・遺伝子疾患などの慢性期疾患患児が入院しています。小児外科・整形外科では、ソケイヘルニア・虫垂炎・鎖肛・骨折などの疾患の患児が入院しています。また在宅療養患児のサポートとして一週間程度のショートステイを行っています。

看護師のほかに保育士が2名配置されており、闘病中の子どもたちをチームで応援・サポートしています。子どもが子どもらしく生活できるように、楽しい環境作りや、ディストラクション・プレパレーションにも取り組んでいます。子どもが大好きな若くて明るいスタッフが多く、笑いの絶えない楽しい病棟です。

スタッフより〈先輩看護師〉
長期療養の患児をプライマリーとして担当しており、患児と家族との関わりを大切に日々働いています。年に2~3回天王寺動物園への遠足やお花見を計画し、子どもたちや家族にいろんな経験をしてもらっています。私も良い経験をさせてもらいながら楽しみにしている時間になっています。また、季節の行事を病棟保育士が計画してくれるため、私たちも楽しんで一緒に参加しています。
新人指導では、新人ナースのペースに合わせてゆっくりと指導していくようチーム全体で心掛けています。私の部署は、若い看護師が多く明るくお酒の好きな看護師が多いです。職場もなんばから近いため食事に出かけやすいので、みんなで食事に行くことも楽しみの1つです。一生懸命働いた分、お酒もおいしくみんなで楽しんでいます!!
スタッフより〈新人看護師〉
私は学生のころから小児看護がしたいと思っていました。
病棟見学に来たときの印象は、小児科病棟にあるプレイルームや病室には患児やご家族の方、スタッフの笑顔がありました。また同じ部署の看護師だけでなく職員同士、患者とスタッフとの関係性など病院全体が暖かく感じました。
愛染橋病院は自分が生まれた病院であり、ここで働けることが嬉しく思います。子どもたちの笑顔に癒されながら日々頑張っています。