8階病棟は、外科・整形外科を中心としを中心とした混合病棟です。主に手術を受けられる患者さんや術前・術後の化学療法を受ける患者さんが入院されています。周手術期看護や慢性的な疾患を抱えた患者さんの看護まで、幅広く携わっています。
終末期まで関わることも多いため、私達は患者さんとの信頼関係を大切にしています。患者さんの個別性を考慮した看護を提供するために、午後から毎日カンファレンスを実施し、スタッフみんなで話し合っています。また、患者さんに質の高い看護を提供するためには私達が生き生きと楽しく働くことが大切であると考え、8階病棟ではスタッフ間のチームワークを大切にして頑張っています。

スタッフより〈先輩看護師〉
隣人愛・社会貢献をモットーに成人医療にも力を入れて頑張っています。
対象は急性期から慢性期にある患者さんで、ゆっくりと急性期を学びたい方には良い職場環境だと思います。看護の面ではケースカンファレンスの充実に力をいれ患者・家族に寄り添う質の高い看護を提供できていると思います。また新人ナースだけではなく中途入職者への教育・指導体制も整っていると思います。
私のモットーは“楽しく生き生きと”です。スタッフ一人ひとりの個性や得意なことを生かせる職場環境を提供できるように頑張っています。プライベートだけじゃなく仕事も楽しいと言うことができたら素敵じゃないですか?


スタッフより〈新人看護師〉
入職当初は日々の業務を覚えることに精一杯で、患者様に不快な思いをさせているのではないかと日々悩んでいました。先輩にそのことを伝えると「1年生には1年生にしかできないことがある。1年生もベテランもいて病院が成り立っています。わからないことは必ず私たちがサポートするから」と言っていただき、些細な事でも先輩に相談するようにしました。病棟はアットホームな雰囲気で質問すると誰かが必ず教えてくださるし、できないところは助けていただけるので入職して良かったと思っています。