当病棟は、平成27年1月より地域包括ケア病棟として新設されました40床の病棟です。

患者さんは内科疾患が3割、整形外科疾患が7割の比率で、一般病棟からの転棟入院が9割を占めています。
看護スタッフは師長1名、主任1名、副主任2名、クラーク1名を含む中堅の熟練した看護師が多い病棟です。患者さんやご家族が安心して在宅復帰されることをめざし、情報収集はもちろんのこと日々のカンファレンスにも力をいれて取り組んでいます。心温まるゆきとどく看護の実践・生活をささえる看護が私たちのモットーです。
在宅支援調整には、主治医・看護師・入退院センター・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカー等が互いに協力できるシームレスな関係が在宅復帰率を上げています。

スタッフより〈先輩看護師〉
平均年齢35歳の熟練ナースが多く、看護に対する意識の高さも誇れる病棟です。新卒者や中途入職者に対しても、プリセプター(チューター)をつけて丁寧に手厚い指導を愛情いっぱいチーム全体で育てているあったかい病棟です。
ここは大阪の中心地です。晴れた日には大阪湾とビルの谷間に沈む夕日。夜になると日々色を変える通天閣とあべのハルカス。そして道頓堀の黄色い観覧車。長い夜の終わりには病室の窓から生駒山系から昇る朝日が見えます。
都会の中に自然を見つけながら心に寄り添う看護をめざしています。
スタッフより〈新人看護師〉
私は、ここへ入職して温かく接して下さるベテランの先輩と優しく面白い先輩方に支えられ、少しずつ看護の楽しさややりがいを学んでいるところです。
心強い先輩の指導とフォローの元、自ら考え行動できる環境を与えて頂いています。
休日はリフレッシュもでき、めりはりのある職場環境であるところも愛染橋病院の魅力だと思います。