生化学検査
肝臓機能、腎臓機能、糖尿病、脂質代謝などの検査を中心に、血液・尿・などの体の体液に含まれる成分を測定し、定量化する検査です。

・肝臓機能検査:AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、ALP、CHEなど
・腎臓機能検査:尿素窒素、クレアチニンなど
・電解質検査:ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム、無機リンなど
・糖尿病検査:血糖、尿糖、ヘモグロビンA1c、グリコアルブミンなど
・脂質検査:LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪など
・炎症検査:CRP、α1-AG、HPなど

免疫学検査
細菌やウイルス感染症検査で、ウイルスの抗原又感染により発生した抗体などを免疫反応させ検査をします。

・感染症検査(HBs抗原、HCV抗体、梅毒、HIV、HTLVなど)
・細菌感染症検査(プロカルシトニン)

血液検査
赤血球・白血球・血小板の数を測定し、貧血などを診断したり、細胞の形態を顕微鏡で確認し、白血病などの血液疾患の診断や経過観察を行う検査です。

・赤血球
・ヘモグロビン
・白血球
・血小板
・網赤血球

凝固検査
血液には固まる性質(凝固作用)があり、出血した際に血液を固まらせる働きがあります。この働きがきちんと働くかどうかを調べる検査です。血栓の予防や治療で血液をサラサラにするお薬の効き具合をみたり、血液が固まらない病気(血友病など)や手術前に検査をします。
を免疫反応させ検査をします。

・プロトロンビン時間(PT)
・活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
・フィブリノーゲン
・FDP
・Dダイマー
・アンチトロンビンⅢ(ATⅢ)

一般検査

一般検査は、尿検査・便検査・体腔液(腹水・胸水・髄液)などの検査を行っています。尿や便は痛みを伴わず簡単に採取でき尿路系の疾患や糖尿病などのスクリーニング検査として有用です。
試験紙を用いて尿糖や尿蛋白を測定し尿中の有形成分(赤血球・白血球・細菌など)は顕微鏡で観察し異常がないか調べています。

〈尿沈査画像〉

輸血検査
手術や事故などによって出血をし、体内から血液成分が不足した時に、不足した成分を補う事を輸血といいます。輸血検査は患者様と輸血血液が安全に輸血できるかどうかを検査します。

・ABO血液型
・Rh血液型
・不規則性抗体スクリーニング
・交差適合試験(マッチング)

その他

喉や鼻の粘膜を綿棒でぬぐったものや便・尿の検体で感染症簡易迅速検査を行っています。

・インフルエンザウイルス
・ロタウイルス
・アデノウイルス
・ノロウイルス
・RSウイルス
・肺炎球菌
・溶連菌
・レジオネラ菌など