釜学の報告とご案内

第46回 釜学

5月20日(金)18時より 訪問看護ステーション 梅田氏にお越しいただき、路上生活者への健康相談会や居場所事業の実践報告などを聞かせていただきました。
その中で、入退院を繰り返す患者のお話は、支援者と当事者の考え方の違いや、健康や生きがいについて考えさせられました。
今後 いろいろな支援を行っていく中で とても考えさせられました。

1 2

次回 釜学は、第47回

日時 6月24日(金)18時~20時
場所 西成市民館 3階 講堂
発題者 元 大阪市保健婦(保健師)  亀岡照子氏
テーマ 保健婦(保健師)からみた 釜ヶ崎の 今・昔
内容 保健師として、長年、地域の乳幼児から高齢者の発育や健康を支え、見守って来られた亀岡氏。
時代は経ち、地域も変容したなかで、変わったこと、変わらぬことを現場の目線で語っていただきます。
また、現在、ケアマネとして、介護プランを作成されている中で、
地域特有の問題点や、解決困難な事例を挙げながら、みなさんと、
今後の地域の福祉や健康について考えていきたいと思います。
費用 資料代として 200円
申し込み 電話06-6632-7200   ファックス06-6632-7203
メール nishinari.shiminkan@gmail.com
準備の都合上 事前にお申し込みいただくと助かります 担当  河崎
カテゴリー: イベントのお知らせ, 西成市民館新着情報, 隣保総合新着情報   パーマリンク