第50回 釜学を開催しました

資料を説明しながら 講演される 荘保氏

資料を説明しながら 講演される 荘保氏

11月4日(金)18時より 第50回 釜学を開催しました。

発題者は、こどもの里 理事長の 荘保共子さんにお越しいただきました。

ふるさとの家の2階で活動を始めた頃から、長年にわたるこどもの里の活動についてお話をいただきました。
様々な活動の原点は、“子ども達の輝く目”にひかれて、子ども達自身からいろいろと教えられたとのこと。

現在も子ども達やその家族中心にいろいろな事業を手がけていますが、将来的には、中学校区に一つ、『包摂的地域こども支援センター』の必要性を呼びかけておりました。

次回の日程は未定ですが、
金沢大学の能川氏に依頼中で、日程調整中です。
内容は釜ヶ崎の労働者に関する調査結果等の予定です

決定次第 ホームーページ等でお知らせさせていただきます。みなさんのお越しをおまちしています

カテゴリー: イベントのお知らせ, 西成市民館新着情報, 隣保総合新着情報   パーマリンク