第53回 釜学研究会のお知らせ

日 時 4月21日(金)
時 間 18時~20時
場 所 西成市民館 3階 講堂
発表者 原口 剛  神戸大学大学院人文学研究科 准教授
テーマ 大阪港と釜ヶ崎
費 用 資料代  200円
内 容 1970年代半ばまでの釜ヶ崎では、たくさんの労働者が、港湾労働に携わっていました。
港において釜ヶ崎の労働者はどのような労働をになっていたのでしょうか。
そして、なぜ、港の労働力は失われてしまったのでしょうか。
港湾労働の記憶をよみがえらせることで、労働者の街としての「釜ヶ崎」について考えてみたいと思います。

<発表者の代表的な著書>
「叫びの都市」      「釜ヶ崎のススメ」共著
201707sakebi 201707kamagasaki

カテゴリー: イベントのお知らせ   パーマリンク