分娩時の陣痛室での付き添いおよび分娩室での立会いの制限について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大阪府に2回目の緊急事態宣言が発令されることとなりました。感染者数の拡大傾向を受け、益々の予防策を要すとの判断から当院では以下のように対応させていただきたいと思います。

令和3年1月14日以降、分娩時の付き添い及び面会は原則として禁止させていただくこととします。
ただし、配偶者またはパートナーの方お1人だけに限り、分娩直前より1時間後までの立ち会いを可能とします。そのほかのご家族様の立会いは禁止とします。また、帝王切開の方に関しましても、配偶者やパートナーの方お1人に限り、出生した赤ちゃんと短時間ですが会っていただく時間を設けます。

来院時の体温のチェックおよび問診のうえ問題がない場合のみ立ち会い可能とし、立会いの際には必ずマスクの着用とアルコールによる手指消毒をしていただくようお願いいたします。またその後の入院期間中のご面会はお断りしております。

この措置は新型コロナウイルス感染の状況により、さらに変更する可能性があります。
ご家族の誕生の際に厳しい措置を取らざるを得ず、皆様には大変なご迷惑をおかけしますが、コロナウイルスの感染予防のためにご理解とご協力をお願いいたします。

                                                                                                               病院長

カテゴリー: ニュースリリース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。