平成27年度 社会福祉法人 石井記念愛染園 附属 愛染橋病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 764 57 218 449 157 180 245 293 259 73
当院は総合周産期母子医療センターとして、産婦人科では出産前から産褥期を、小児科では産前から小児期をトータルでフォローを行っているのはもちろんですが、地域の基幹病院としても20歳以上60歳以下の患者様で全体の約37%、60歳以上の患者様で全体の約32%と幅広い年齢層に質の高い医療を提供しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
平成27年度はDPC準備病院であるため、診療科別診断群分類別患者数等を掲載しておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 7 4 2 4 4 0 1 7
大腸癌 2 3 13 82 1 47 1 7
乳癌 2 19 34 0 0 54 1 7
肺癌 0 0 1 4 0 4 1 7
肝癌 6 2 0 3 0 14 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
部位別の5大癌のUICC病気分類、又は取扱い規約による初発ならびに再発患者数を集計しております。
※UICC分類とは国際対がん連合(UICC)によって定められ、取扱い規約とはわが国の学会・研究会で作成しており
 ①原発巣の大きさと進展度
 ②所属のリンパ節への転移状況
 ③遠隔転移の有無
の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病気(ステージ)に分類するものです。
化学療法で入退院を繰り返す患者様は1入院で1件と数える為、実患者数よりも多くなっております。
当院では大腸癌と乳癌の患者様の割合が高い傾向にあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 18 12.22 56.39
重症度 1 19 18.58 78.21
重症度 2 22 22.59 84.59
重症度 3 2 22.50 82.50
重症度 4 1 9.00 93.00
重症度 5 0 0.00 0.00
不明 0 0.00 0.00
重症度が比較的低い患者様でも入院にて早期治療、早期退院を行っております。数値を見ていただいてわかる通り、重症度0~2の患者数が多くなっております。
平均年齢が上がれば重症度も高くなっており、当然ながら重症度が高くなれば平均在院日数も長くなる傾向となっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 1 73.00 80.00 0.00
その他 3 37.67 81.67 0.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 66 1.79 2.24 1.52 67.67
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 18 2.89 2.89 0.00 71.28
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他)等 12 4.33 8.83 0.00 69.83
内科は消化器専門医師による大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を上位1位・2位と最も多く行っております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 35 0.00 64.80 14.29 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 13 0.00 94.62 7.69 0.00
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) 7 21.29 231.29 14.29 0.00
小児科は出生後何らかの原因で呼吸がうまくいかず、低酸素血症・循環不全の状態が続く新生児に行う新生児仮死蘇生術が上位を占めております。新生児仮死に対しては救命の為、神経障害を最小限にとどめる為、速やかに蘇生措置を施す必要があります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 12 0.92 4.67 0.00 68.00
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)等 8 7.13 35.13 0.00 66.13
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 8 8.88 7.75 0.00 53.13
外科は大人の鼠径ヘルニア手術が最も多く、次に多いのが悪性腫瘍に対して行う化学療法時に使用するカテーテル設置の手術となっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)等 19 6.37 48.32 0.00 75.16
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)等 11 2.36 8.27 0.00 50.09
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(鎖骨)等 8 1.75 10.88 0.00 52.25
整形外科は脊椎と四肢の骨、関節、筋肉、神経などの病気やけがによる損傷等の治療を全般に行っていますが、特に手術に関しては肩甲骨・鎖骨の骨折的観血術が上位を占めております。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 49 0.96 0.31 0.00 3.84
K6333 臍ヘルニア手術 7 1.00 0.14 0.00 2.43
K836 停留精巣固定術 4 0.75 0.25 0.00 3.25
小児外科は鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術を積極的に行っている為、最も多い件数となっております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 138 1.98 6.75 0.72 33.41
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 135 2.79 7.07 0.74 34.05
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 41 0.90 0.07 0.00 33.80
産婦人科は予定の帝王切開術が多いのはもちろんですが、当院は産婦人科医療相互援助システム(OGCS)の基幹病院として365日、24時間、母体搬送を受け入れている為、緊急の帝王切開術も多くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.04
異なる 4 0.15
180010 敗血症 同一 4 0.15
異なる 2 0.07
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.11
異なる 1 0.04
手術・処置後の合併症について、内訳は以下の通りです。
・処置に合併する出血及び血腫,他に分類されないもの 1例
・処置に続発する感染症,他に分類されないもの 1例
・適正に投与された正しい薬物及び薬剤の有害作用によるアナフィラキシーショック 2例
更新履歴
2016/09/30
平成27年度の病院指標を公開いたしました。