令和元年度 愛染橋病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 699 84 162 340 109 59 123 239 286 129
・令和元年度(平成31年4月1日~令和2年3月31日)の退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。
・年齢は入院日時点の年齢としています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 115 3.01 2.63 0.00 66.69
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 37.42 20.84 15.56 84.13
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 31 23.03 12.58 3.23 85.61
100380xxxxxxxx 体液量減少症 27 24.26 9.13 0.00 82.48
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 13 26.77 14.62 0.00 67.23
特徴としては消化器内科医を中心とし、十分な専門知識と技術を有する医師が総合内科医として患者様を診療していることが挙げられます。地域の基幹病院として機能するとともに、地域の患者様のプライマリ・ケアについて開業医の先生方とともに担っています。また、入院中の診療のみならず退院後の診療についても、その生活を見据えて入退院調整室や医療福祉相談室と連携し計画的に診療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 88 5.68 6.19 1.14 1.24
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 67 4.97 6.17 25.37 0.00
150120xx99x1xx 脳性麻痺 手術なし 手術・処置等2あり 67 7.75 8.95 0.00 6.52
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 43 16.40 11.16 4.65 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上0015歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 7.43 5.69 0.00 4.30
無限の可能性を秘めた小児の成長を医療面から支え、ご家族・地域の先生方とともに患者様本位の新生児・小児医療の確立を目指しております。当科は、総合周産期母子医療センターとしての産前から小児期をトータルでフォローする生育の面と、地域医療への寄与としての一般外来、小児神経、小児循環器、小児アレルギーを中心とする各種専門外来、乳児健診や予防接種の実施という2つの面があります。また、小児外科や麻酔科と連携し、外科系疾患にも小児専門チームで対応します。周産期医療を核とし、最先端医療や研究活動にも日々積極的に取り組み研鑽しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 4 9.25 5.45 0.00 43.25
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 1 11.00 6.94 0.00 81.00
060210xx97000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 1 5.00 13.98 0.00 62.00
060040xx03xx0x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 副傷病なし 1 8.00 12.59 0.00 50.00
140170xx97xxxx 正中頸嚢胞・側頸嚢胞 手術あり 1 6.00 7.05 0.00 36.00
地域貢献に寄与すべく、虫垂炎等の急性期疾患を確実に治療をしております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 35 37.46 19.40 14.29 81.77
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 18 65.61 25.94 5.56 85.78
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 副傷病なし 13 43.15 14.43 7.69 74.62
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 10 33.10 16.54 0.00 80.30
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 10 20.00 15.61 0.00 54.20
脊椎と四肢の骨、関節、筋肉、神経などの病気や、頭部以外の外傷・損傷の治療を行っています。画像検査はレントゲン、MRI、CT,骨塩測定、超音波などの各種画像診断装置を用いて、放射線科医師とともに協議しながら正確な診断を行い、治療方針の決定に役立てています。
外傷や疾病の程度・状態、患者様の疼痛や活動困難度、生活環境・目指すべき最終ゴールとその要望、そして他の内科的疾患(循環・呼吸器)や全身状態も精査の上考慮して治療方針を決定し適応を決めています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 35 2.06 2.81 0.00 3.49
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 7 2.43 8.05 0.00 2.14
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 5 7.40 9.79 0.00 9.40
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 4 1.75 4.60 0.00 2.75
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 3 2.67 3.13 0.00 1.33
全国で数少ない日本小児外科学会の認定施設(全国128 施設)に指定されています。
鼠経ヘルニアなどに対しては、適応基準を決めた上で日帰り手術を行っています。また総合周産期母子医療センターの指定を受けており、新生児症例に関しては、小児科と共同して同センターNICUで周術期管理を行っております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 137 8.62 9.66 0.00 33.08
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 60 25.90 19.06 3.33 32.25
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 58 9.43 9.53 0.00 33.93
120140xxxxxxxx 流産 56 2.00 2.51 0.00 33.52
120180xx03xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 胎児外回転術等 26 2.04 2.11 0.00 31.08
総合周産期母子医療センターとして認可を受け、OGCSの基幹病院として、母体搬送の受け入れを積極的に行っております。また全国でも数少ない小児科専門医も常勤しており、早産児のみならず、出生前診断された小児外科疾患も小児外科、小児科と連携して診療を行っております。夜間や休日もハイリスク妊娠(糖尿病合併妊娠、妊娠高血圧症、多胎)や分娩管理を行っております。異所性妊娠(子宮外妊娠)や良性腫瘍に対し症例を選んで負担の少ない腹腔鏡下手術を取り入れていますが、悪性疾患や女性骨盤外科など対応困難な症例は他連携施設と協力して診療を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 1 0 0 2 8 1 7,8
大腸癌 0 0 0 0 0 7 1
乳癌 0 0 0 0 0 2 1
肺癌 1 0 0 1 0 10 1 7,8
肝癌 0 1 0 0 0 11 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
部位別の5大癌のUICC病気分類、又は取扱い規約による初発ならびに再発患者数を集計しております。
※UICC分類とは国際対がん連合(UICC)によって定められ、取扱い規約とはわが国の学会・研究会で作成しており
 ①原発巣の大きさと進展度
 ②所属のリンパ節への転移状況
 ③遠隔転移の有無
の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病気(ステージ)に分類するものです。
化学療法で入退院を繰り返す患者様は1入院で1件と数える為、実患者数よりも多くなっております。
当院では大腸癌の患者様の割合が高い傾向にあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 5 7.60 54.60
中等症 22 18.05 84.23
重症 1 35.00 92.00
超重症 0 0.00 0.00
不明 0 0.00 0.00
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 1 2.00 95.00 33.33
その他 2 40.50 83.50 0.00
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 105 0.36 2.11 0.00 67.19
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 16 0.25 1.56 6.25 67.50
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 6 2.33 13.83 0.00 73.50
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 3 6.67 10.67 0.00 77.67
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 3 16.33 22.00 0.00 78.33
専門分野における診療内容として、消化器専門医師による大腸ポリープ切除術、内視鏡的止血術、食道・胃静脈瘤結紮術、経皮胃瘻造設術などを行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 22 0.00 69.77 4.55 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 15 0.00 83.13 13.33 0.00
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) 3 13.00 135.00 33.33 0.00
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) 2 88.00 200.00 50.00 0.00
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 2 2.50 64.50 0.00 0.00
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 3 0.67 7.00 0.00 45.67
K630 腹壁膿瘍切開術 1 1.00 6.00 0.00 79.00
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 1 8.00 8.00 100.00 77.00
K714 腸管癒着症手術 1 0.00 4.00 0.00 62.00
K7391 直腸腫瘍摘出術(経肛門) 1 1.00 6.00 0.00 50.00
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 15 3.53 53.00 6.67 85.67
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 11 5.73 25.55 0.00 78.82
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 10 4.10 13.60 0.00 61.10
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 9 4.33 50.00 0.00 67.78
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 8 5.38 20.13 0.00 56.13
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 39 0.87 0.15 0.00 3.41
K6333 臍ヘルニア手術 6 1.00 0.50 0.00 1.67
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 4 0.25 5.00 0.00 9.00
K836 停留精巣固定術 3 1.00 0.67 0.00 1.33
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 2 0.50 6.00 0.00 2.00
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 130 1.58 6.75 0.00 33.21
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 118 2.61 7.23 0.85 33.55
K9091ロ 流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの) 52 1.00 0.00 0.00 33.60
K907 胎児外回転術 29 0.00 1.03 0.00 31.38
K867 子宮頸部(腟部)切除術 21 1.00 1.00 0.00 36.29
産婦人科は予定の帝王切開術が多いのはもちろんですが、当院は産婦人科医療相互援助システム(OGCS)の基幹病院として365日、24時間、母体搬送を受け入れている為、緊急の帝王切開術も多くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 2 0.09
180010 敗血症 同一 3 0.13
異なる 3 0.13
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.27
異なる 2 0.09
手術・処置後の合併症について、内訳は以下の通りです。
・処置に合併する出血及び血腫,他に分類されないもの 3例
・その他の心臓及び血管の人工器具,挿入物及び移植片による感染症及び炎症性反応 2例
・処置のその他の合併症,他に分類されないもの 1例
更新履歴
2020/9/30
令和元年度の病院指標を公開いたしました。