総合周産期母子医療センターとして産婦人科医療相互援助システム(OGCS)の基幹病院として大阪府下、近隣県から母体搬送を受け入れています。
MFICUでは早産、妊娠性高血圧、子宮内胎児発育遅延、糖尿病合併などの妊婦さんが入院しています。分娩は年間約1300件、そのうち帝王切開術は約300件です。早産やハイリスク分娩に対しては、産科・小児科医師や出産後に赤ちゃんが入院するNICU・GCUスタッフと連携を取りながら、安心して出産していただけるようお手伝いしています。
赤ちゃんのこと、自分の体のこと、家族のことなど、不安でいっぱいのお母さんが安心して入院生活を過ごしていただけるようにスタッフ一同頑張っています。また外来指導やファミリークラスも産婦人科病棟スタッフと一緒に担当しています。
病棟はみんなバイタリティとやる気あふれるスタッフばかりです。緊急対応を必要とする現場であり緊張感のある職場ですが、赤ちゃんの元気なうぶごえに癒され日々頑張っています。
スタッフより〈先輩看護師〉
いつでもお母さんと赤ちゃんに優しく愛情込めて接しているスタッフの皆さんと一緒に、お産という感動的な現場で命の尊さを感じる日々を送っています。ハイリスクな症例も多くありますが、病棟全体で支え合いながら、一人一人の成長に合わせて丁寧に指導をしてくれるところがこの病棟の良さだと思います。仕事以外での交流も多く、何でも相談できる関係性が作れているのも良い職場環境作りの秘訣です。ぜひ、私たちと一緒に楽しくスキルアップしていきましょう。
スタッフより〈新人看護師〉
愛染橋病院では年間1300件の分娩があり、さまざまな患者様と関わることができます。院内の設備が整っており、分娩件数だけでなくハイリスクの患者様にも質の高い医療・ケアが提供できるところは愛染橋病院の魅力だと思います。日々の業務では、新しいことがたくさんありますが、先輩方が気にかけて下さり、時に優しく、時に厳しく指導・助言を頂きながら、成長を見守ってくれます。また、困ったことや分からないことがあれば、プリセプターさんが相談に乗って下さり、日々の課題を一緒に見つけて頂きながら日々スキルを向上しています。